仕事&転職

【Web面談の感想】マスメディアンは広告やクリエイター転職に強い(評判と口コミあり)

マスメディアンのブログ

職業訓練卒業生の、りょうた(@waradeza)です。

資格マニアで終わりたくないので、そろそろ転職したいw

ブログ運営の経験を活かした職種を探す中、Web系の求人が多いサイトをみつけました。

Webや広告などに特化した転職エージェント『マスメディアン』です。

質問者
質問者
聞いたことないけど?
りょうた
りょうた
自分も初めて登録しました

あまり情報の無い転職エージェントですが、他の転職サイトに無い案件だったため、思い切ってチャレンジ。

実際に、エージェントとのWeb面談をしたので、その感想や流れを解説します。

先に今回のブログの内容を簡単にまとめます。

  • 広告・Web・マスコミの業界への転職に役立つサイト
  • 未経験の求人は営業ばかり
  • 特化してるためニッチな企業が見つけやすい

求人検索は、登録しなくても誰でも無料でできます。

ただし、会社名がわかるのは転職エージェントの無料相談をした人限定です。

相談や利用も無料なので、Web業界への転職を目指す人は、登録しておいて損のない転職サイトの1つです。

\無料登録&マスメディアンは業界特化/

マスメディアン無料相談はこちら

【Web転職面談】マスメディアンは無料(電話もOK)

マスメディアンのWeb面談は無料で、日時指定も可能です。

事前に送られてくるURLで入室する形式です。

マスメディアンのWeb面談マスメディアンのWeb面談(待機画面)

コロナ禍では、Webまたは電話の2つの面談方式から好きなほうを選択できます。

面談の種類
  • Web
  • 電話

コロナ禍ではWeb面談or電話面談

⇒全国からリモート相談可能

どちらを選んでも大丈夫です。

転職エージェントの方がどんな人か見たかったため、今回はWeb面談を希望しました。

\無料で【Web】or【電話】のリモート面談OK/
マスメディアンの無料相談はこちら※日時指定もできます

【Web面談の感想】担当エージェントはつかないスタイル

Web面談を終えて、他社と大きく違う点は、担当エージェントが案件を提案するスタイルではありません。

自分の職歴などは、当日のエージェントに話しましたが、その後は各求人ごとに提案者(≒エージェント)は異なります。

求人ごとに担当が異なるスタイル

つまり、面談終了後は、希望の会社の求人案件を持つ別のエージェントさんからメールがきます。

エージェントAさん
エージェントAさん
Web○○の求人案件はいかがですか?
エージェントBさん
エージェントBさん
広告△△の求人案件はいかがですか?

珍しいスタイルです。

過去に受けた別の転職エージェント『doda』では、1人の方が担当して、案件がくるスタイルでした。

マスメディアンとは広告・Web・マスコミ求人に特化

マスメディアンの求人

マスメディアンとは広告・Web・マスコミ職種に特化した求人紹介サービスです。

業種が特化されている転職サイト

異業種で未経験の求人は「営業」ぐらいしか無い

クリエイター求人のなかには、実務未経験の求人もありますが、ポートフォリオは必須です。

自分はコンテンツ制作やライター求人を探していたので、個人ブログをポートフォリオがわりにしました。

会員登録や相談も完全無料のため、Webやマスコミへの転職を考える人向けです。

\無料で【Web】or【電話】のリモート面談OK/
マスメディアンへ無料相談※日時指定もできます

【広告&Web求人が多い理由】宣伝会議のグループ企業

マスメディアンは宣伝会議のグループ企業です。

ちなみに宣伝会議とは、日本初の広告研究の専門誌やコピーライター養成講座を開講した会社です。

上記の実績やブランド力のおかげで、Webメディア系の求人が集まってきています。

他社の転職サイトに載っていない、ニッチな求人も存在

すでに転職先の業界を絞っている人こそ、活用したいサイトの1つです。

【拠点は4つ】東京・大阪・名古屋・福岡

マスメディアンの拠点は4つの地域にあります。

マスメディアンの拠点
  • 東京
  • 大阪
  • 名古屋
  • 福岡

コロナ禍では、正直あまり気にしなくて良い部分です。

リモート対応のため自宅から相談可能

しいて言うなら、面談予約をするときに4つの地域から選択します。

Web面談or電話面談

【評判やクチコミ】マスメディアン求人&転職について

マスメディアンの評判やクチコミをTwitter上でみつけてきました。

多くの人が、複数のサイト&エージェントを利用しています。

自分もリクルートエージェント(≒体験談へ)ギークリー(≒体験談へ)を活用しました。

一方で、ダメなクチコミは、少し前ですがありました。

良し悪しは、どの転職エージェントにもあります。

とはいえ、ひとりで転職活動をするのは大変です。

サイトやエージェントを併用して、周囲に頼りながらやるのが良いと思います。

【登録手順】マスメディアンの面談は無料(Web相談可能)

面接前にやることは「キャリアシート(≒職務経歴書)」の記入です。

職歴などの空欄を埋めていく形

他の転職サイトと同様に簡単です。

ありのままの職歴をしっかり記入しましょう。

上記の記入とは別に、のちほど履歴書と職務経歴書をWeb上で提出します。

Web提出する履歴書の形式は問われなかったので、無料で履歴書作成できる「ヤギッシュ」で作成。その後、ファイルを提出しました。

転職支援サービス申込時の記入欄

記入した項目を簡潔にまとめます。

記入欄
  • 氏名
  • 生年月日
  • 性別
  • メールアドレス(フリーメールOK)
  • パスワード
  • 広告・Web・マスコミ職種の経験
  • 現在もしくは直近の業種
  • 現在もしくは直近の職種

項目は多く感じるかもしれませんが、特に難しい部分はないため、約3分で入力は終わりました。

キャリアシート入力

キャリアシートの入力も同様に進めていきます。

面談の際に活用します。

・携帯電話番号
・郵便番号
・住所
・学歴

(職務経歴)
・経験社数
・社会人経験年数
・就業状況

(希望条件)
・希望職種
・希望勤務地

・保有資格
・言語スキル(英語力)
・使用可能ソフトや言語

【Web面談予約】マスメディアンは日時指定が可能

マスメディアンの面談は、カレンダーから選択します。

自分は東京本社が近いため、本社のスケジュールから空き日の〇を探しました。

面談予約は、無料会員登録した2日後から予約できます。

例:6月14日に無料会員登録

⇒6月16日以降の面談予約が可能

面談の時間帯は〇の欄から自由に選択可能です。

面談時間帯
  • 9時30分
  • 10時
  • 11時30分
  • 13時30分
  • 15時
  • 16時30分
  • 18時
  • 19時30分
  • 20時

曜日によって空き時間は異なりますが、午前9時30分~午後20時までが面談予約の目安です。

\無料で【Web】or【電話】のリモート面談OK/
マスメディアンへ無料相談※日時指定もできます

面談時間は約30分~60分を想定

(自分は30分で終了しました)

【感想】Webの実務未経験はポートフォリオ次第

マスメディアン面接日程の登録案内マスメディアン面接日程の登録案内

マスメディアンの未経験の求人は、ほとんど営業です。

Web面談で狭き門の現実を教えてもらえる

担当が付くスタイルではない

実務未経験の30代だと、クリエイターの正社員になるのは、正直難しいです。

日本は未だに、年齢や職歴を重視します。

とはいえ、チャレンジしないことには、何も起きません。

ドンドン挑戦&失敗しながら、転職活動をがんばりましょう。

\無料で【Web】or【電話】のリモート面談OK/
マスメディアンへ無料相談※日時指定もできます

転職したい人に役立つサイト

【豊富な企業】から選びたい人向き
リクルートエージェント|転職支援実績No.1エージェント

【満足なサービス】を受けたい人向き
doda(デューダ) | 顧客満足度No.1のエージェント

【無料の自己分析】ができる転職サイト
リクナビNEXT|グットポイント診断

【ブラック企業辞めたい】2万5000円の退職代行
SARABA(サラバ)|返金保証付きの退職代行サービス

⇒転職サイトまとめ記事】or【⇒退職代行まとめ記事