仕事&転職

【ルート営業はきつい】個人的ランキング(嫌だった&楽だった体験談)

ルート営業きついランキング

ルート営業を3年やった、りょうた(@waradeza)です。

会社によって営業スタイルは全く異なります。

  • ルート営業
  • 新規飛び込み営業
  • 内勤営業など

共通して言える点は、内向的な人より外交的な人の方が営業に向いてます。

質問者
質問者
人見知りで営業は無理?
りょうた
りょうた
慣れるまでが大変です

自分は人見知りだったので、約3年間でギブアップしました。

当時は以下の営業でした。

  • 固定店舗へのルート営業
  • 食品や飲食店向け
  • 担当件数は約50件
  • 新規飛び込みより既存店が多い

今回はルート営業を経験して感じた「嫌な体験」と「楽な体験」をランキング形式で紹介します。

本記事では以下のことをまとめます。

  • 営業で「辛かった」場面
  • 営業で「楽だった」場面
  • 向かない人の対処法

個人ブログなので、偏ってると思いますが、すべて体験談です。

少しでもお役に立てれば幸いです。

【ルート営業のきつい場面】個人の辛かったランキング

ルート営業をやったなかで、個人的に「辛かった場面」をランキングでまとめます。

  • 5位から順番に紹介
  • 1位が最大級に辛かった事

辛さを乗り越えられる営業職の人は尊敬します。

5位:新規の飛び込み営業はキツイ

ルート営業でも「新規」の飛び込み営業は少しありました。

質問者
質問者
ノルマあった会社?
りょうた
りょうた
新規飛び込みのノルマは無かったです

人見知りだったので、飛び込みの日は最悪です。

邪険にされるのがほとんどなので、メンタル強くないと、なかなかできません。

最近の求人票には「新規飛び込み無し」など、ていねいに書く会社も増えてきました。

苦手な人は入社前に要チェック

4位:営業先からの飲み会の誘い

第4位は営業先からの飲み会の誘いです。

質問者
質問者
飲み会行ったの?
りょうた
りょうた
個人的というよりはグループで何回かありました

お酒が苦手なので避けましたが、お酒が飲める人は得意分野です。

飲食関連は飲み会の誘いが多いかもしれません。

顧客と仲良くなれる1つの手段になりうる

3位:個人の営業ノルマや激務

営業職でノルマは切り離せない存在です。

ノルマをクリアすることで「昇給」や「ボーナス」に反映しました。

ただ、ノルマ設定が上司の裁量だったので、評価基準がブレた時期もありました。

大きい案件をとれば、正直、個人店に営業に行かなくても達成できるようなシステムでした。

ノルマが迫ってくると激務も

2位:クレーム対応(クセのある顧客)

クレーム対応は、神経がすり減ります。

自分では正しいと思っても、顧客からクレームが来ればアウトです。

顧客第一主義は、仕方ありません。

先輩
先輩
クレームは仲良くなるチャンスだぞ

先輩からはよく、クレームはチャンスだと言われました。

顧客と向き合う機会なので、クレームを対処すれば仲良くなれる可能性もあります。

クレームをチャンスと捉える人は営業向き

1位:土日や休日の営業先からの電話

いちばん嫌だったのが、営業スマホにかかってくる「土日や休日の電話対応」です。

上司
上司
電話は出ても出なくても良い

会社のルール上はグレーな部分です。

「必ず出ろ」と要請されるわけではありません。

電話にでない営業の先輩もいました

しかし、自分の担当顧客なので結局は自己処理しなければいけません。

電話対応は入社してみないとわからない部分です。

今後「営業職」を検討してる人は、面接で直接きくのがベストです。

ただ、あからさまに嫌な態度は避けた方がよいです。

せめてできる事前対策としては、求人票に「スマホ貸与」とある時は要注意です。

  • 求人票の「スマホ貸与」は要注意
  • スマホの扱いは面接で「やんわりと質問」

すでに働いてる職場で改善見込みが無いときは「諦める」か「転職」しかありません。

在職中なら電話面談が可能な「リクルートエージェント」がおすすめです。

  • 電話面談でリモートOK
  • 日時指定の予約可能
  • リクナビNEXTとも一部連携

実際の電話面談の体験談はこちらにまとめています。

【楽な場面】ルート営業はツライばかりじゃない

ルート営業にも良い点はありました。

ルート営業をやったなかで「楽な場面」をランキングにまとめます。

3位:新規営業の飛び込みが少ない

エリアが決まったルート営業のため、新規客への営業はほぼ無かったです。

会社の方針としては、既存店と仲良くすることを求められました。

イメージとしては既存が9割で新規が1割の営業活動でした。

会社の扱う商材によって「新規飛び込み」メインもあります。

それでも、ルート営業は比較的「飛び込み」が少なめです。

2位:仲良い営業先で雑談しながらサボれる

良かった点は、仲良くなった営業先で時間調整できる店です。

言葉を選ばずに言うと、雑談しながら息抜きできます。

飲食店だと余りモノを貰える機会もたまにありました

業務報告や日報に行き先を記入するシステムでしたが、どうしても気分が乗らないときは、仲良い営業先を書いてました。

営業職の「サボりあるある」です。

1位:自分で1日の予定が組みやすい(直帰も可能)

ルート営業に慣れてくると自分で好きな予定を組みます。

どうしても平日に区役所に行かなきゃいけない時は、空き時間を使っていきました。

また社内制度として、車のルート営業で夜遅くなると、自宅へ直帰できました。

それぐらいのご褒美がないと、激務には耐えられません。

社内勤務の職員にはないメリットです。

1人の場合は自由に動きやすいメリット

【ルート営業】「きつい業界」は離職率から判断

きつい業界をさがす参考として、厚労省HPの【雇用動向調査結果】が役立ちます。

業界別の離職率のグラフデータです。

離職率ワーストは【サービス業】です。

離職率は、宿泊業&飲食サービス業が最も高く(入職率 29.3%、離職率 26.9%)、次いで生活関連サービス業,娯楽業(入職率 28.1%、離職率 23.9%))

上記の厚労省のデータは営業職以外も含まれた全体です。

自分の市場価値を知るなら無料の転職アプリ「ミイダス」が使いやすいです。

在職中で会社にバレたくない人は、チェックをそのままにしておける安心なシステムです。

「職務経歴」の質問事項で『就業先企業名』の入力欄があります。

会社にバレない設定画面(ミイダス)

\約5分とアプリで簡単診断/ミイダスの無料診断へ ※登録後も無料で使えるサイト

チェックを入れたまま
非公開設定

実際の体験談はこちらで解説しています。

(食品営業)業界や種類よりも「会社の雰囲気」

同じ業界のルート営業でも「会社」によって辛さは異なります。

質問者
質問者
入社前に見分ける方法あるの?
りょうた
りょうた
正直、ほぼ無いです

入社前の面接の雰囲気で判断するしかありません。

しいて言うなら無料の口コミサイト「転職会議」などの活用です。

転職会議の簡単な特徴
  • フリーメールで無記名の登録可能
  • 簡易アンケートあり
  • クチコミの詳細をみたい人のみ1社の書き込み必要

口コミサイトの詳細はこちらにまとめました。

「ルート営業」と「飛び込み営業」は同じ職種でも大変さが異なる

エリアの定まった「ルート営業」と、新規アポ中心の「飛び込み営業」では性質がまったく異なります。

質問者
質問者
どっちが簡単?
りょうた
りょうた
ルート営業の方が気が楽です

営業といっても食品や機械など、多岐にわたります。

また会社ごとにルールも異なり、どれが楽とかは比較できません。

しいて言うなら「ルート営業」のほうが、決まった顧客相手なのでハプニングは少なめです。

【感想】営業ツライなら適職の働き場所をさがす

自分のような内向的な人間にとって「営業」はツライ職種です。

ただ、人見知りでも営業はできます。

質問者
質問者
内勤のほうが良かった?
りょうた
りょうた
内勤のほうが好きでした

営業しないで、会社内で内勤してる方が自分には合ってました。

働いて適性に気付けたので、良い経験でした。

性格分析は「リクナビNEXT」で誰でもできます(※無料です)

自分の【グットポイント診断】の結果は以下の5つでした。

診断項目ひと言メモ
①親密性じっくりつきあう
②独創性オリジナリティあふれる
③冷静沈着いつもクール
④感受性場の雰囲気を感じ取る
⑤挑戦心高い目標もクリア

名前のとおり「Goodポイント」なので良い点が取り上げられるポジティブな内容です。

詳細はこちらの記事でまとめています。

以上のように営業の「嫌な体験」と「楽な体験」を個人ランキングにまとめました。

自分がそうでしたが、やはり無理をすると疲れます。

ただ「営業経験」は、今でも大事な核になってます。

営業の対話術が2社目のIT業界では重宝されました

「人の話を聴く力」が評価されたのは、営業経験があったからこそです。

もし営業が辛いなら、業種を変えて適職をさがすと良いです。

自分は1社目の営業から2社目のITに移りましたが、社内作業の方が合いました。

転職サイトは名前の知ってる大手がベストです。

転職サイト【ひと言メモ】
リクナビNEXT・大手で案件も豊富
・グットポイント診断が役立つ
エン転職検索画面が見やすい
MIIDAS(ミイダス)市場価値診断の無料機能が役立つ
doda(デューダ)・サイトとエージェントの両立利用可能

サイトの詳細についてはこちらで解説しています。

おすすめ転職サイト&エージェントまとめ
【無料】おすすめ転職サイト&転職エージェントまとめ(併用が近道)サイトとエージェントを併用した、りょうた(@waradeza)です。 職業訓練期間中の就職決定者は、自分のクラスでは約2名でした。...

異業種をめざすなら、複数のサイトに登録して間口をひろげるのがおすすめです。

営業体験談がお役に立てれば幸いです。

転職したい人に役立つサイト

【豊富な企業】から選びたい人向き
リクルートエージェント|転職支援実績No.1エージェント

【満足なサービス】を受けたい人向き
doda(デューダ) | 顧客満足度No.1のエージェント

【無料の自己分析】ができる転職サイト
リクナビNEXT|グットポイント診断

【自分の市場価値】が無料でわかる転職アプリ
MIIDAS(ミイダス)

【転職サイトの詳細まとめ】
ブログ体験談記事へ