ハローワーク

【ブラックしかない?】ハローワーク求人の怪しい企業を避けるコツ(検索大事)

ハローワークのブラック求人避けるブログ

転職はすこし「運」だと思う、りょうた(@waradeza)です。

採用先が「ブラック企業」か「ホワイト企業」か働いてみないと、正直わかりません。

ハローワークの求人の中でも「ブラック企業」は、まぎれてます。

ただ、転職を「不運」にしないための自己防衛術はあります。

誰でもできる、やり方です。

納得いく転職活動をするうえで、大事な部分です。

【ブラックしかない?】ハローワーク求人(検索大事)

ハローワークの求人検索はブラック?ハローワークの求人検索の中に「ブラック企業」は紛れてます。

残念ながら「ブラック企業」と「ホワイト企業」の明確な線引きはありません。

残業嫌いな人
残業嫌いな人
残業多ければブラックでしょ?
仕事好きな人
仕事好きな人
残業代出るので普通な会社でしょ?

人それぞれ働く価値観は異なるため、断定できないのが現状です。

応募前に、自分で調べるしかありません。

企業のクチコミを無料閲覧できるサイト「転職会議」などあります。

【ブラック企業が紛れる理由】ハローワーク求人は無料掲載

ハローワークの求人において「ブラック企業」が紛れる理由は、企業側の掲載料が無料だからです。

  • ハローワークに掲載
    →無料で掲載可能
  • 転職サイトに掲載
    →広告費を払う必要あり

資本力のない会社や中小企業にとって、ハローワークはありがたい存在です。

一般的な転職サイトに掲載するよりも安価に済むため、とりあえず載せてる企業もあります。

ブラック企業は、ごく一部です。

【注意点】ハローワーク職員はブラックを見抜けない

ハローワークの職員は「ブラック企業」かどうか分かりません。

過去に、希望求人をみつけて相談した経験があります。

以下のような、やりとりがおこなわれます。

ハローワーク職員
ハローワーク職員
今日はどうなされましたか?
りょうた
りょうた
A社の求人に興味あるんですけど

職員はていねいに対応してくれましたが、その後は「電話で企業に問い合わせる形」です。

ハローワーク職員
ハローワーク職員
お世話になります。○○の求人は現在いかかでしょうか?
A社の企業側
A社の企業側
募集してます

職員は求人票の文面をみて「電話」で確認する形です。

この時点で「求人票」を疑う職員さんは、ほぼゼロです。

つまり、自分の検索がすべてです。

希望条件が緩いと、変な企業にあたりやすくなります。

ブラック企業を避けるコツは、求人を探す際だけ「ワガママに検索」していく姿勢です。

求人検索だけは条件を厳しくするのがおすすめ

【まともな求人の探し方】ハローワーク検索画面で確認

ハローワーク求人の検索方法は2種類あります。

  • 最寄りのハーローワークPC
  • 自宅

失業保険の「就職活動の実績作り」でない限り、わざわざハローワークで検索する必要ありません。

自宅でゆっくり検索して、絞りましょう。

公式ハローワーク求人検索

応募する段階になったら「ハローワーク紹介状」をもらいに、ハローワークへ行く必要あります。

  • ハローワークの求人検索は「自宅」でも可能
  • 応募したい企業が見つかったらハローワークへ

【面接の雰囲気】企業で感じた印象を大事にする(直感)

企業面接で感じた印象は、大事です。

  • 面接官の雰囲気
  • 会社の設備
  • 働く人たちの雰囲気、など

たまたま変な面接官に当たる可能性もありますが、その人と一緒に働くことを考えると、冷静な判断は必要です。

少しでも違和感があれば、別の企業を受けて比較したほうが良いと思います。

【求人内容が違う場合】ハローワークホットラインに報告

ハローワークホットラインの画像あまり知られてませんが、求人内容と違う場合は「ハローワーク求人ホットライン」に報告できます。

  • 面接で求人票より低い賃金を提示された
  • 求人票と違う仕事の内容
  • 採用直前に求人票にはなかった勤務地へ 、など

ハローワークの公式サイトに載ってる正式な制度なので、誰でも活用できます。

ハローワークで公開・紹介している求人の内容が実際と違っていた場合には、「ハローワーク求人ホットライン」にお申し出ください

引用元:ハローワーク公式HPより

同じ被害者を出さないためにも、有効な制度です。

内容が違ったら「ハローワーク求人ホットライン」へ

【ブラック求人の簡単な見分け方】年間休日と土日休み

「ブラック企業」と「ホワイト企業」の見分け方で、最低限やっておきたいことは2つあります。

  • 年間休日数(目安は120日)
  • 週休2日制

もちろん希望職種によって「シフト制」など諸条件が異なります。

それでも「休日」は心身リフレッシュするうえで欠かせません。

週2回休めない企業にかぎって、高報酬をうたう傾向がつよいです。

  • インセンティブ
  • 実力主義
  • 幹部候補、など

休みを削るのが美徳な風潮は、ひと昔前の企業体質なので注意が必要です。

自己防衛もふくめて、必ず確認しておきたい部分です。

【危険な甘い言葉】ブラック企業にありがちな文言

求人詳細でブラック企業に多い言葉は以下です。

注意したい言葉
  • 未経験者歓迎
  • 学歴不問
  • 正社員登用制度有
  • アットホームな職場
  • 親切丁寧に指導

いっけん良さそうな雰囲気ですが、言葉の意図を冷静に読み取る必要があります。

正直、上記の言葉はどの企業でもあてはまります。

すべて怪しいワケではありませんが、他の言葉に着目して企業研究したほうが良いです。

【ホワイト企業の求人】逆に目立たない(回数の少なさ)

「ホワイト企業」を判断するうえで、シンプル基準は求人回数の少なさです。

滅多に求人を出さない

→社員の定着率が良い

→ホワイトの可能性が高い

ハローワークのサービスではありませんが、過去の求人履歴(約2年間)をみれる一般サイト「ハロワ検索」も存在します。(※一般のサイトです)

・求人頻度が多い会社≒離職率が高い

目安を調べる際に、使い勝手のよいサイトです。

過去2年間の求人数をさかのぼれる『ハロワ検索』も自己防衛の1つです。

※ハローワークの公式サイトではなく一般のサイトです

【ブラック求人を避ける方法】ハローワークと転職サイトの併用

転職先の求人は、ハローワークだけではありません。

わたしは「転職サイト」や「転職エージェント」を活用して就職を決めました。

検索の利便性は一般的な転職サイトのほうが優れてるため、ハローワークとの併用が良いです。

転職サイトは大手が間違いありません。

転職サイト【ひと言メモ】
リクナビNEXT・大手で案件も豊富
・グットポイント診断が役立つ
エン転職検索画面が見やすい
MIIDAS(ミイダス)市場価値診断の無料機能が役立つ

自分で探すのが苦手な人は、転職エージェントに頼るのがおすすめです。

30歳を超えてる人は「doda」などを利用するのが良いと思います。

30歳以下は、以下のエージェントが人気です。

サイト名特徴メモ
就職Shop大手リクルート運営の既卒&フリーター向け
ハタラクティブ未経験&既卒専門
ウズキャリ内定率80%超え

特に「ウズキャリ」はサイトに記載されてるブラック企業の審査があり、失敗したくない人におすすめです。

各自の詳細な特徴はコチラにもまとめています。

理想の企業にめぐりあう確率を高めながら、行動していきましょう。

転職成功させたい人に役立つツール

【豊富な企業】から選びたい人向き
リクルートエージェント|転職支援実績No.1エージェント

【満足なサービス】を受けたい人向き
doda(デューダ) | 顧客満足度No.1のエージェント

【無料の自己分析】ができる転職サイト
リクナビNEXT|グットポイント診断

【自分の市場価値】が無料でわかる転職アプリ
MIIDAS(ミイダス)

【スキマ時間に働く】面接無しの短期バイトアプリ
シェアフル|1日単位ですぐ働ける