職業訓練(授業)

【倍率は2倍以上】職業訓練校に受かった(事前に知る方法は目安倍率)

倍率2倍の訓練校に合格

倍率2.5倍の職業訓練校を合格した、りょうた(@waradeza)です。

卒業したコース内容を簡単にまとめます。

公共職業訓練
  • 【講座】IT専門(Web関連)
  • 【勉強期間】約5ヵ月
  • 【面接倍率】約2.5倍
  • 【参加エリア】関東地域

20名定員で応募者が50名でした。

面接倍率は、面接後にハローワークのHP上で計算できます。

面接倍率の算出手順は以下です。

  1. ハローワークのHPにアクセス
  2. 講座の定員と応募者の人数を確認
  3. 【応募者】÷【定員】で算出

参加する地域のHPに応募者状況が載っていない可能性もあります。

誰しも高倍率を避けたいですが、正確な受験倍率は「受験後」にしかわかりません。

今回は体験談から「最低限知っておいて損のない倍率対策」をまとめます。

目次から好きな箇所へジャンプ可能です。

【倍率は2倍以上】訓練校の受験倍率は事前にわからない

正確な倍率が分かるのは訓練校の受験後です。

書類応募後に、倍率が低そうなコースに変更することはできません。

合格通知は郵送で送られてきましたが「倍率」や「合格理由」は一切書いてません。

入校試験合格の通知書

・合格理由の開示はありません

嘘つきな人
嘘つきな人
○○をすれば絶対合格するよ
りょうた
りょうた
いえ、ケースバイケースです

したがって「○○すれば絶対合格」を言ってる人はウソです。

受験前は過去の倍率や募集状況から、およその倍率しかわかりません。

合格に役立った行動を1つあげるなら、受験校の「事前説明会」には参加しておいたほうが良いです。

面接で応募理由の際に説明会の体験が使える

【倍率対策】過去の受験人数から目安倍率を試算

倍率対策で、個人ができる事は限られています。

事前に目安倍率を知って緊張してしまう人は、あまり調べない方が良いと思います。

受験倍率は各都道府県のHPに載ります

「倍率が高い傾向のコース」を知ったうえで、各自判断しましょう。

倍率の高いジャンル
  • 首都圏の交通の便の良いエリア
  • WebやIT系のPC関連
  • 珍しく開催されるコース
    (例:日本語養成コースなど)

上記で倍率1倍を割れることは、正直少ないです。

あとは受験タイミングの「運の要素」が強いですが、落ちても落胆する必要はありません。

ゴールは「転職」ですので、あきらめずに行動しましょう。

倍率の高いコースはWeb系と首都圏

東京の訓練校の倍率(東京都の訓練校倍率の例)

画像参考リンク:東京都はたらくねっと公式HP

倍率は自分が受験する都道府県のHPで参照できます。

倍率の高いコースは主に3つの特徴があります。

  • 首都圏で開催のコース
  • ITやweb系のコース
  • 久しぶりに開講するコース

首都圏で開催されるコースでは「交通アクセスの良いエリア」の人気が高いです。

東京都と埼玉県のWeb系の説明会に参加しましたが、参加人数は都内のほうが圧倒的に多かったです。

パソコンを使うWebデザイン系のコースは、特に女性人気が高いです。

りょうた
りょうた
クラス20名中、女性が16名もいました

あまり開催されない珍しいコースも倍率が高いです。

例えば「日本語教師養成コース」です。

全国で開催されてるワケではなく、東京、大阪、埼玉など限定的です。

近隣の県からの応募もあるため、定員割れはほぼ無いコースの1つです。

ポジティブにとらえるなら、珍しいコースが開講された月は、それ以外の他コースの倍率が下がる現象もあります。

気になる学校の説明会に参加して人数の雰囲気をはかるとGood

説明会で学校担当者に質問するのがおすすめ

説明会で、学校職員の方にやんわり聞くのもおすすめです。

りょうた
りょうた
倍率ってどのくらいでしょうか?
学校の人
学校の人
例年と比べて参加者多いです

学校職員さんも全ては教えてくれませんが、参考にはなります。

ハローワークの職員さんにたずねるのも同様に効果的です。

ただし、倍率は「運」の要素が強いです。

自分の合格理由は断定できませんが、1つだけやってよかったことは「説明会」に参加した点です。

訓練校合格が目的になりがちですが、はやめに転職を決めるほうが重要です。

低倍率ねらいで興味のないコースを受験するのはやめましょう

【訓練校の倍率】意外と知らない「優先枠」の存在

自分の置かれた状況によっては「優先枠」を活かせます。

願書の一部を抜粋願書の一部を抜粋
  • ひとり親家庭の優先枠
  • 子どものいる家庭の優先枠

優先枠のあるコースは一部の訓練校で全てではありません

受験予定のコースで優先枠に該当する人は少しだけ有利です。

一方で、一般の倍率はさらに高まります。

例:定員20名中3名優先枠の場合

→残り17名の枠を通常選考

自分の受験予定のコースに優先枠が存在するか、時間があるときに確認しておきましょう。

【倍率を無視】筆記試験の無い面接だけのコースもあり

倍率にくわえて筆記テストが不安な人は、受験方法が「面接だけ」のコースも存在します。

りょうた
りょうた
自分は面接のみのパターンでした

面接に自信はなかったのですが「学校の事前説明会」に参加したので、なんとか意気込みをアピールできました。

県をまたがって受験する際でも、できれば参加しておきたいところです。

志望理由に「筆記試験がないから」と答えるのはやめましょう

説明会に参加しておく事で、面接でもアピールできるメリットがあります。

(注意点)不人気コースが将来の就職に意味あるか検討

低い倍率をねらって受験しても、まったく興味の無い分野だったら無意味です。

不人気コースは、希望の職種でない限り避けた方が無難です。

訓練校に合格したら最低3ヶ月は通う必要があります。

全く興味のない授業を3ヶ月間受けるのは苦痛です。

サボろうと考えている人でも出席率8割以下だと失業給付金が貰えなくなります。

嫌だったら辞めればよくない
りょうた
りょうた
合格したら辞めない方が良いよ

合格後に辞めることが損な理由は、以前にまとめました。

訓練校の倍率よりも転職につながるコースを優先

希望のコースにチャレンジして落ちてしまったら仕方ありません。

「運」なので落ち込む必要ありません。

倍率は自分の力ではどうしようもないのです。

  • 別のコースに申し込む
    or
  • 転職サイトやエージェントで活動を始める

転職サイトは大手が間違いありません。

【転職サイト】【ひと言メモ】
リクナビNEXT・大手で案件も豊富
・グットポイント診断が役立つ
エン転職検索画面が見やすい
MIIDAS(ミイダス)市場価値診断の無料機能が役立つ

大事なのは訓練校をいかに合格するかではなく、転職を成功させるのが直近の目標です。

ひとりの転職活動が不安な人は無料のエージェントに頼るのも1つの手段です。

サイト名特徴メモ
就職Shop大手リクルート運営の既卒&フリーター向け
ハタラクティブ未経験&既卒専門
ウズキャリ内定率80%超え

30歳を超えてる人は一般的なエージェント「doda」などを利用するのが良いと思います。

こちらにも、まとめました。

希望の職につけるように、がんばりましょう。

おすすめ転職サイト&エージェントまとめ
【無料】おすすめ転職サイト&転職エージェントまとめ(職業訓練中も使える)サイトとエージェントを併用した、りょうた(@waradeza)です。 職業訓練期間中の就職決定者は、自分のクラスでは約2名でした。...
転職成功させたい人に役立つツール

【豊富な企業】から選びたい人向き
リクルートエージェント|転職支援実績No.1エージェント

【満足なサービス】を受けたい人向き
doda(デューダ) | 顧客満足度No.1のエージェント

【無料の自己分析】ができる転職サイト
リクナビNEXT|グットポイント診断

【自分の市場価値】が無料でわかる転職アプリ
MIIDAS(ミイダス)

【転職サイトの詳細まとめ】
ブログ体験談記事へ