レビュー&体験談

【難しいHTMLとCSS】独学は可能でも気を付けたい勉強期間と就職先

独学でHTMLとCSSの勉強

30代から勉強をはじめた、りょうた(@waradeza)です。

HTMLとCSSの勉強は難しいですが、独学でも可能です。

質問者
質問者
どんな学習スタイルだった?
りょうた
りょうた
職業訓練校(学校)に通いながら自宅でも勉強したスタイルです

100%の独学ではありませんが、IT初心者で『Webクリエイター』の資格取得をしました。(HTMLとCSS試験の民間資格です)

自慢ではなく、証拠の1つとして記載します。

当時プログラミング勉強する際には「学校」と「自宅」で学習しました。

独学で大事なのは「目標設定」です。

HTMLとCSSを身につけて何をしたいのか?

30代になってから学習しましたが「年齢の壁」は大きいです。

対策も含めて、ブログに感想をまとめます。

お忙しい方は目次から、好きな位置にジャンプ可能です。

【難しいけど独学は可能】HTMLとCSSの勉強は本や無料動画

HTMLとCSSの勉強は独学でもできます。

独学のやり方は主に3つあります。

独学の方法
  • 書籍(本)
  • YouTube動画
  • オンライン学習サイト

共通点として、「独学」は勉強計画を自分で立てる必要があります。

独学するか迷ってる人
独学するか迷ってる人
どれがオススメ?
りょうた
りょうた
動画か学習サイトです

手を動かして覚える作業なので、動きのある動画や学習サイトのほうがおすすめです。

書籍は1冊あると便利ですが、まずは学習サイト「Progate(プロゲート)」の無料コースをやってからでも遅くはありません。(※中段に記載)

ちなみに学習環境において「パソコン」と「ネット回線」は最低限必要です。

自宅学習のWi-Fi環境については、別記事でまとめています。

【独学の注意点】難しいHTMLの勉強期間に半年かけるの損

難しいからといってHTMLとCSSの勉強に半年かけるのは損です。

独学で勉強する理由の大半は「お金の節約」が目的です。

ただ、半年間の勉強で無収入状態が続くと「節約」なのか「趣味」なのかわかりません。

お金を気にしないなら明らかにスクールのほうが学習効率は良いです。

プログラミングスクールは学習効率が良い

勉強するのに授業料がかかる

「お金」と「時間効率」をてんびんにかける際に大事なことは、もう1つあります。

HTMLとCSSを学んで何をしたいかです。

  • Webデザインなどを活用した就職が目的?
  • 副業としてのスキルを身に付けたい?
  • フリーランスとして生きていくため?

勉強の目的は人それぞれで正解はありません。

ただ、1つだけ注意しておいたほうが良い点はあります。

目的とする働き方を逆算して勉強期間を決定

Webデザイナーを目指す場合、勉強よりも「ポートフォリオの準備」が大事です。

副業のために学ぶ場合、半年勉強してもその後の仕事受注まで考慮する必要あります。

  • お金目的でHTMLとCSSを学ぶ人は途中で挫折しやすい
  • 転職や仕事のために学ぶ人は続けやすい

時代の流れは、想像以上に早いです。

年齢を重ねるにつれて、高いITスキルを求められます。

したがって、将来の働き方を考えた学習ステップが大事です。

HTMLとCSSの独学にオススメな学習サイト

独学におすすめなサイト

HTMLとCSSの勉強におすすめなオンライン学習サイトは2つです。

サイトひと言メモ
Progate
(プロゲート)
・初級の無料部分が役立つ
・中級から一部有料
Udemy
(ユーデミー)
・米国最大のオンライン学習
・好きな講義を選べる(有料)

「Progate(プロゲート)」は中級から有料になりますが、無料範囲内だけでも大いに役立ちます。

自分自身、職業訓練校時代のスキマ時間に「Progate(プロゲート)」をコツコツやってました。

クラスメイトの中には「Udemy(ユーデミ―)」を受講してた人もいたので、学習サイトは好みです。

くわえて独学派におすすめなのが、オンライン型「TechAcademy(テックアカデミー)」の無料体験です。

  • 1週間無料でプログラミング体験可能
  • 内容は手軽&忙しい人でも1コマ単位OK
  • メンター相談をしなくても体験可能

無料体験する際の記載はメールアドレスです。体験後に電話勧誘される心配もありません。

パソコンがあれば誰でも無料体験できるオンライン学習のため、プロゲート感覚で勉強できます。

無料体験のマイページ画面無料体験のマイページ画面

初心者用の練習環境のため、やってみて損のない無料体験です。(メンタリングを受けなくても体験可能です)

\無料体験でHTMLとCSSに触れよう/
TechAcademyの無料体験はこちら※強制的な勧誘は一切ありません

テックアカデミーの詳細についてはコチラの記事でもまとめています。

【HTMLとCSSの独学】転職を目指すなら年齢を考慮

独学の年齢

20代と30代では、転職市場において雲泥の差があります。

独学を否定するワケではありませんが、個人的な感想をまとめます。

勉強に「半年以上」かかりそうなら、独学よりオンラインや学校で学んだほうが良いです。

理由は、年齢の壁です。

【20代で勉強】節約のために独学でも良い

20代が独学で始めるメリットはお金をかけないで「適性」を見極められることです。

・向き不向きの判断

SNSに触れる若者の中には「フリーランス」の言葉に憧れて、プログラミングを勉強するかもしれません。

少し厳しいことをいいますとHTMLとCSSはプログラミング言語でもありません。

また、2つを覚えただけでは、フリーランスで生計をたてるのは難しいです。

独学で勉強を始めるメリットは「理想」と「現実」に気付けることです。

先にプログラミングスクールに入る

⇒HTMLとCSSに挫折

⇒お金の無駄になってしまう

独学はリスク回避にもつながります。

【30代で勉強】転職が目的なら難しい独学より学校で時短

一方で、30代の独学は相当の覚悟が必要です。

コツコツと勉強するのは大事ですが、年齢の壁にぶち当たります。

企業側の立場になるとわかりやすいです。

・20代の未経験

・30代の未経験

明らかに20代が優遇されます。

対策としては勉強期間をいかに短くするかです。

30代の人
30代の人
30代で無料で学べるスクールは無いでしょ?
りょうた
りょうた
転職希望者ならお得な学び方あります

30代から無料で学べるプログラミングスクールはほぼありません。

転職を絡めた制度を活用することで、少しでもリスクは減らせます。(最初にお金を払う必要はあります)

  • 指定企業に転職でキャッシュバック
  • 転職できなかったら全額保証

30代でお得な転職制度のあるスクールです。

スクールメモ
GEEKJOB
(ギークジョブ)
【学習コース】で指定先に転職
⇒全額キャッシュバック
テックキャンプ【エンジニア転職コース】
⇒就職できなかったら全額返金

どちらも最初に費用はかかりますが、30代で少しでもリスクを減らせる制度です。

詳細は以下にまとめています。

【HTMLとCSS独学したその先】就職できるかが大事

HTMLとCSSを学んだだけでは「未経験」とほぼ同じ扱いです。

自分の目指すべき職種の募集欄をみて、求められてるスキルを認識するのも大切です。

あくまで簡単な例です。

  • webデザイン
    ⇒IllustratorやPhotoshopなどのスキルが重要
  • プログラマー
    ⇒PHPなど他の言語も重要
  • Webマーケティング
    ⇒WordpressやSEOの勉強も必要

目指したい職種や働き方をふまえた勉強が大事です。(自分はIllustratorに挫折しました)

【htmlとCSSの独学】勉強期間と就職をふまえた選択がおすすめ

HTMLとCSS独学と就職の関係

フリーでやる人は別ですが、転職活動においてポートフォリオ(自分の作品や模写サイト)を求められる場合があります。

独学の努力は素晴らしいことですが、企業面接は30代に冷酷です。

20代なら転職先の選択肢が多いため、節約のために独学するのもよいと思います。

一方、30代の独学派は「短期間」でHTMLとCSSの学習をして、転職活動を優先したほうが良いです。

最後にもう一度まとめます。

  • 難しいけど独学は可能
  • 年齢が高い人ほど勉強時間を意識
サイトひと言メモ
Progate
(プロゲート)
・初級の無料部分が役立つ
・中級から一部有料
Udemy
(ユーデミー)
・米国最大のオンライン
・有料で好きな講義を選べる
TechAcademy
(テックアカデミー)
・オンラインの無料体験がおすすめ
1週間無料体験はこちら

納得のいく学習方法で勉強していきましょう。

初心者むけプログラミングスクールまとめ
【IT初心者におすすめ】プログラミングスクールのまとめ(無料相談あり)IT初心者を職業訓練校で克服した、りょうた(@waradeza)です。 プログラミングはコツコツ勉強が大切です。 当時はIT...
転職成功させたい人に役立つツール

【豊富な企業】から選びたい人向き
リクルートエージェント|転職支援実績No.1エージェント

【満足なサービス】を受けたい人向き
doda(デューダ) | 顧客満足度No.1のエージェント

【無料の自己分析】ができる転職サイト
リクナビNEXT|グットポイント診断

【自分の市場価値】が無料でわかる転職アプリ
MIIDAS(ミイダス)

【転職サイトの詳細まとめ】
ブログ体験談記事へ